血圧下げたし酒は飲みたしバルクアップはしたし

 

どーも。ZENと名乗っている50代のおっさんです。

若い時から酒好き焼き鳥好き塩辛いもの好きで40代から高血圧です。

高い時は収縮期血圧(上)は200を超え、超えないときでも拡張期血圧(下)は安定して100を超えております。

こんな私が無謀にも筋トレ、いわゆる高強度筋トレ、通称似非ボディビルで体をデカくしつつついでに血圧も下げることに挑戦しております。

一般的に筋トレは高血圧の場合、無呼吸状態となり血管に負担がかかるのでやめたほうがいいと言われております。

しかし、私はこんなブログを発見してしまいました。「糖尿病も3ヶ月で完治するダイエット」

詳しい中身は読んでいただくとして、要は高血圧も糖尿病も同じ生活習慣病であり、根本の原因は同じではないかと考えたのです。

高強度筋トレによって速筋を鍛え脂肪を燃焼しつつ血管内のつまりを掃除し血流を改善する・・・・。

これは可能ではないかと。脂肪燃焼が血管の掃除に直結するかと言われれば弱いのですが、要はまわりまわってそうなるんじゃないかなあという希望的観測です。

もっとはっきり言えば筋肉をデカくしてかっこよくなって(あくまでも主観ですが)ついでに健康になればいいじゃないかというまあわりと俗っぽい、浅はかな考えですよ。ハイ。

調べたところによれば昔とは違い栄養状態が良い(というか良すぎるくらい)現代では血管そのものは丈夫になっているので血管が切れる脳溢血(のういっけつ)は減っているらしいです。代わりに増えているのが血管が詰まる「脳梗塞」。

なぜ脳梗塞が増えているかといえば血圧が高くなるとすぐに降圧剤を処方され、血圧を下げてしまう。その結果、血流が悪くなり血管内のカスが流れずこびりついて、血管がカスで狭くなり詰まってしまうとか。

ついでに言えば血流の悪化は脳みそへの栄養補給にも悪影響を及ぼし、認知症に関係しているのではという説もあるとかないとか。

呼吸についてはベンチプレスやフルスクワットではぼぼ無酸素になってしまうのですがその辺は気を付けて重量にあまりこだわらず、呼吸を止めないようにすれば大丈夫じゃないか・・・と足らない脳で考えて筋トレはやっております。

 

筋トレ歴は1年半くらいですね。ジムに通うのはめんどくさいのでホームトレーニーというやつです。狭いですが場所も確保できたので小遣いはたいてバーベル、ダンベル、ハーフラック等々を買いそろえました。こんな感じです。

ラックは↓。ハーフラックなので狭い場所でもOK。

 

バーベル・ダンベルセットはこれ↓

インクラインベンチ↓

フラットベンチ

ところで1年半筋トレをやって、血圧はどうかといえばおとといの朝4時ごろ測った結果がこちら。

 

まあ立派な高血圧。

筋トレじゃ高血圧改善しないじゃん!ハイ終了ー!となるのでしょうが、まあこれにはいろいろ事情がありまして・・・・

筋トレはまじめにやっているのですがタイトルにもあります通り、わたくしは結構な酒飲みでもありまして。

酒飲むと口さみしいというか空腹感が激増するタイプで、特に炭水化物系に手をだしてしまうのでありますね。

そんなこんなでゆるゆると筋トレやりながらの高血圧改善をやっていきたいと思っておりますのでよろしゅうに。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP