ファスティングで得た新たな課題

昨日でファスティングは一応終了しました。

4日間でした。5日を目指しましたが限界でした。午前中からすっかり夜は飲む体制になってしまい、お昼に回復食として玄米がゆのレトルトを食べて久しぶりに炭水化物を摂取。夜に備えて万全の体制を整える醜態ぶり。あかんやつや、ワシは。

夕飯の時間になりウキウキ状態で4日ぶりにビールを飲む時、「幸せの黄色いハンカチ」の高倉健をマネして(出所したての健さんがシャバの食堂で久々のビールを噛みしめるように飲むシーン)両手でコップを持ち若干震えつつ飲んだのだが少しぬるかったせいかあまりうまくなかった。ちぇ。

とはいえビールの後にハイボール、その後ワインを頂き、つまみは焼き鳥と豚肩ロースとアボカドサラダ。おいしゅうございました。

4日間で体重は3㎏、体脂肪は1.8%減。まあこんなものか。

しかし見た目はカミさんが言うには「おじいさんみたい」だと。言われてみると生気がないというか肌もカサカサだしみすぼらしく見える。

しかし裸になるとやはり脂肪が落ちているのがわかる。筋肉は多少しぼんでいるがちょっと研ぎ澄まされたといっては大袈裟だが少し絞れている感じはする。

考えてみるとボディービルダーの減量もこんな感じかもしれない。今回の食事メニュー+プロテインぐらいでさらにもっと長い期間減量期間を設け、さらに筋トレを通常と変わらない重量でやったりするのだろう。

とてもじゃないが今回きっちりとした筋トレはできる状態ではなかった。なにせ力がはいらない。すこしベンチプレスはやったがウオーミングアップ程度でやめていた。

と考えているうちに今回は血圧正常に向けてファスティングをやったがなんだか減量中のビルダーさんと同じことをやっていると考えたら普通に食事した昨晩は「チートデイ」と考えたらいいのではないか?と思い始めた。

加えて今日は日曜で朝食にフレンチトーストを食べ、昼はあろうことかラーメン二郎(インスパイア系)ニンニクマシ、アプラ、カラメを食べ、夜は日本酒で一杯やろうかと考えているのだがチート2デイと考えたらOKではないのか?

明日から一食ないし2食抜きもしくは野菜スープ中心の食生活+筋トレを続けて70㎏、体脂肪10%台、血圧120/70台を目指す生活をすればまるで大会前のビルダーさんのようではないか?

俺は知らない間にビルダーさんと同じ生活をしていたではないかーという妄想にかられ始めた。

せっかくかられた妄想ならこのまま似非ビルダーとして減量生活に舵を切り替えてもう少し頑張ってみようと思い始めた。

話変わって、昨日玄米がゆを買おうとスーバーのレジに並んでたら知り合いの人が後ろにいて話題もないので今回のファスティングのことを話したら「でも普通の食事をして下がらないと意味ないんじゃないですか?」などと抜かしたのでこの野郎と少々カチンときたが、言われてみればその通りだ。普通にしてて120/70じゃないと意味がない。

ここで問題がやはり酒。ファスティングという枠組みなら我慢できたが普通の食事に戻った場合我慢できるかといえば自信はない。正直。

ではどうするか。ファスティングをするとすぐに寝る体制になるので週に2日を休肝日をするならその日をファスティングに充てるとか、飲むんなら朝と昼を抜くか極少量にするかとかいろいろ工夫をする必要がある。

二郎系を食べて30分後に測ったらこのザマ。

結局、ファスティングを思いつきでやって、やればそれなりの結果が出ることはわかったが止めて一日立たないうちにこうなるということ。

これはファスティングが無意味というわけではない。大いなるきっかけをファスティングによって得たのだ。この得たものというか感覚を今後にいかように生かすかが重要ということ。

まだまだ道は遠い。一喜一憂することはないが確実に歩まねばならない。

今回のファスティングはいろいろと勉強になった。経験は財産と今は亡き義理の父は申していたがよくわかる一週間でした。

取り敢えず休憩したら筋トレだな。二郎でたっぷり糖質摂取したからな。胸やるか。

ではまた。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

TOP